ファイナンシャルプランニング技能士2級、3級の資格は国家資格です。そもそも、ファイナンシャルプランニング技能士という資格は、財政上の立案や計画をサポートするための資格になります。ファイナンシャルプランニング2級、3級という資格であっても、お客様との信頼関係が必要になる職種に付くことになるので、きちんとした知識が必要になるでしょう。実際に、ファイナンシャルプランニング技能士2級、3級の資格を取ることで就くことのできる仕事には、貯蓄や投資信託などの金融商品や不動産取引、年金や株取引きを扱う仕事があります。ファイナンシャルプランニング技能士2級、3級が必要とされる主な就職先には、銀行や保険会社が挙げられます。他にも、証券会社や不動産関連の会社、高額商品を扱う貴金属系のお店や税理士事務所、公認会計士事務所などが就職先となることもあるようです。また、一般企業においても、総務や経理職を行う上では、ファイナンシャルプランニング技能士は必要とされるため、一般企業に就職することもあるでしょう。ただ、ファイナンシャルプランニング技能士2級、3級は、比較的合格率の高い資格であることもあり、実際の就職時には、一つのアピールポイントとしてしか見られないこともあります。そのため、ファイナンシャルプランニング技能士は、常に資格の勉強とともに総合的なスキルアップも必要となると言えるのではないでしょうか。